人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

生きていくうえでの根っこがなくなりました。根腐れを起こしてしまっているのか・・・

スポンサーリンク

昨日からメンタルが上がってきません。
どうしてもネガティブな思考になってしまう。
 
大げさに言ったら(大げさってじゃなく今は割と本気で)自分の存在意義について考えてしまっています。

 

我ながらたったあれぐらいのことでこんなにメンタルが低下するなんて。

びっくりしてます。昨日もほとんど寝れなかったし。。。

 
こんな状態がずっと続くんじゃないかって・・・
 
自分を取り巻く環境に変化がない限り変わらないんじゃないか?
 
環境って変わるんだろうか?
 
変えれるんだろうか?
 
環境に変化があったら変われるんだろうか?

 

仮に変わったとして、ますますメンタルに支障をきたすことになるのではないか?
 
何もかもが後ろ向き、ネガティブな考えに支配されている。
 
生きがいについて、、、正直いま考えても答えが出ません。

 

おそらく今回のメンタル低下の原因が、自分の生きていくうえでの根幹になっていた部分が大きかったんだと思います。

 

泣こうが喚こうが、現状は変わらないのに、それだったら考えるだけ無駄なのに。。。

 

頭で理解しているはずなのに、、、

 

これを書いている最中、呼吸が苦しくなり、動悸がしだしている。

 

現状を打破する体力、精神力が今の自分に欠落している。。。

 

どうしたら自分の心にもう一度火を灯すことができるのか。。。

 

冷静になればわかる話。

 

「受け入れるしかない」「手放すしかない」

 

悲しいがそれしか選択肢がない。

 

それしかない。。。