人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

BULLET CLUBの核になり得る選手とは?

スポンサーリンク

こんにちは。

山崎篤史です。

 

先日のROH大会ご覧になられましたか?

ROHの選手と新日の選手の絡みって普通に面白かったですね。

正直なところ観戦するまでは美味しく頂けるの?

って思ってましたが、ことのほかおいしく頂くことが出来ました。

 

別段抗争などのテーマがなくても、日本人同士の戦いでなくても

面白いものは面白いって再確認できました。

 

 

 

www.yamasaki1969.com

 

先日の記事の続きみたいになりますが… 

 

長らく新日本プロレスの戦いって正規軍vs維新軍に始まり、UWFUインター魔界倶楽部など日本人同士の抗争がメインストーリーでした。

それこそが新日本プロレスの原風景って感じですかね。

 

でも、それってそうせざるを得なかった訳がありました。

外国人レスラーの招聘が困難だったってこと。 

当日全米で圧倒的な権力を握っていたのはNWA…そこと、ジャイアント馬場率いる全日本プロレスは蜜月の関係。。。

 

有能な人材を確保するのが困難になった新日がとった作戦が日本人抗争。

 ある意味新日本プロレスは自身をガラパゴス化する事でピンチをチャンスに変えることに成功しました。

 

この戦略は今まで国内においては功を奏しました。

この戦略に基づいた行動により、新日本プロレスには有望な選手を絶えず排出することに成功しています。

 

 

他方、全日系の団体は外国人レスラーとの戦いに力点を置いていたので、新人の育成が遅れたと思います。

 

新日は上手いやり方で難曲を乗り切ってきたんですが、このやり方だと世界基準には合わないんですよ。

なので、若干の修正が必要になってくるはずです。

 

このたび新日本プロレスが世界に進出する上において、BULLET CLUBを前面に押し出すという方向に舵を切ったように感じます。

 

まずはアメリカのファンに知ってもらうこと、観戦してもらう事を最優先したのだろうと思います。

 

関心を持ってもらうためにはどうしてもBULLET CLUBというブランドが必要になります。

認知してもらわないと何事も始まりませんからね。

 

まぁ個人的には新日本プロレスを前面に押し出して欲しいと言う気持ちは今もあるんですけども…

 

 

 

もともとBULLET CLUBはプリンスデヴィット選手が立ち上げたものだし、世界中に認知されたAJスタイルズ、ケニーオメガ両選手もBULLET CLUBのボスであったことを考えると…この選択は当然なのかなとも思います。

 

彼らが活躍することにより、間接的にBULLET CLUBの株も上がることになる。

彼らのルーツはBULLET CLUBだってことになりますからね。

 

ということは、今年の新日本プロレスはBULLET CLUBを中心に回っていくということになるんでしょう。

 

 

CHAOSの解体もその事と関係しているのかもしれません。

やっぱり本隊あってのBULLET CLUBであり、ロスインゴなんでね。

 

現状の本隊だけでは、BULLET CLUB、ロスインゴ、鈴木軍のどのユニットにも勝ち目がありません。

 

本隊の大将である棚橋の老朽化はファンである自分でさえも、認めざるを得ません。

 

現状では、オカダとかCHAOSのメンバーと組むことで自身の老朽化を誤魔化していますが、そろそろ騙し通せなくなってきています。

 

そのような訳で本隊の強化が急務な状況。

 

CHAOSとの合体は必然的な話だったんでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

ということは、これからもっと、BULLET CLUBは強大化していくことが予想されます。

 以前からジェイホワイト選手がCHAOSからの裏切りを示唆していることからも、うかがい知ることができます。

 

で、ここからそのCHAOSからの裏切り者って誰なんだろうって予想をしてみましょう。

結構この話引っ張ってますよね。今更感満載なんですが…

一向に裏切り者って出てこないですけど。。。どうなってるの?

 

 

予想ってなんだか競馬みたいですが…

※予想って難しいですよね。馬券当たらなくなりました(/ _ ; )

 

 

当然インパクトが有ればあるほど良いんで。。。

 

1番インパクトがある選手ってオカダカズチカ選手なんですけど、それは流石にないですね。

 

それじゃ現実的なところって誰だろう?

 

以前YOSHI-HASHI選手がツイッターでオカダ選手を襲うつもりが気が付いたら助けていたような発言があったようです。

すぐ消しちゃったみたいですけど。。。

 

元々CHAOSの裏切り者ってYOSHI-HASHI選手を想定していた感がありますが…

 

なんだか、弱いですよね。

 

BULLET CLUBって外国人部隊ってイメージなんだけど、やっぱりそこは新日なので日本人の核が必要になります。

 

日本人のヘビー級って高橋裕二郎がいますけど、彼って名脇役ってイメージなのでここは割愛です。

 

他に誰がいる?

 

CHAOSでたいして?存在感が無くて…くすぶっている感があるヘビー級の日本人選手…

 

ひとりしかいないですよね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

後藤 洋央紀!

 

彼ならCHAOSから離脱?してもさほど影響はない。。

 

彼の(いい意味で?)ノー天気なところはBULLET CLUBの方が生かせるんじゃないかな。

 

しかも、武士を思わせる風貌…アメリカのファンのハートをキャッチすることが出来るかもしれないと思います。

 

まさに混沌の荒武者!

 

彼の生きる道はCHAOSにあるのではなく、BULLET CLUBにこそ存在する!

 

そう思いませんか?