人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

公平な取引ってなんでしょう?

スポンサーリンク

おはようございます。

山崎です。

 

自分は現在では調剤薬局で働いているんですが、その周りで起きている嫌なことを書きたいと思います。

不快に思われる方もいらっしゃると思います。

なにとぞご了承下さい。

(これってあくまでも自分個人の感じた話なんで大多数の意見じゃありません。)

 

 

 

病院も薬局もですけど薬はどこから仕入れているかご存じでしょうか?

 

お薬メーカーから直接仕入れているわけではありません。

医薬品卸売会社より購入させて頂いて、それを患者様にお届けするのが我々の務めです。

 

医薬品卸売会社は多数存在するんですが、自分の薬局は7社の卸さんと現在取引させて頂いています。

 

他の業界のこと全くわかってませんので、我々の業界がスタンダードかどうか分からないんですが・・・ おそらくイビツでしょうね。

 

 

流れとしてはまず、薬品メーカーさんが医薬品卸販売会社さんのほうへ薬を販売し、それを卸さんが我々、病院、薬局に販売すると言う流れになってます。

ざっくり言ってこんな感じです。

 

各医薬品卸売会社は有力どころのメーカーさんの薬はほとんど取り揃えています。

そして各卸さんの薬の価格はほとんど変わりません。

食品メーカーなど他の業種はどうなんでしょうか?

卸販売業の方から購入されたりしてると思うんですが、価格の差ってどれくらいあるんでしょう?

 

そしてルート営業の方が毎日来局されて注文を受け、その薬を届けていただく事になります。

 

支払いに関してはそこそこの契約があるので一概には言えませんが、即金のところってあるのかな?

自分は聞いたことありません。

金利は卸さんが支払いされてます。

それと使用期限が切迫していない薬品は返品が可能です。

ものにはよるんですが大抵は返品を受け付けて頂いてます。

 

これだけでも自分としては公平な取引の感じがしないんで嫌な感じがするんですけど。。。なんだか申し訳ない感じがして。。。

 

ルート営業さんってめちゃくちゃ大変だと思います。

各卸間での品揃え、価格面での有意性が希薄です。

 

営業の方は価格による卸間による競争原理が働きません。

他者との優位性をどう担保するのかが課題になります。

 

ここから先が自分個人的な感想を交えた話になります。

あくまでも僕個人の感想です。

 

 

スポンサーリンク
 

 

我々購入する側は、この不均衡な取引に対してそれを当然と受け取ってる方が少なからず存在してます。

 

営業の方って価格で勝負ができないので、ほかで特色を出さないといけない。

いわゆる顔を売る作業です。

 

医療機関(購入する)側はその顔を売ろうとしている事を理解していているにもかかわらず「無視」したりする人がいる。

気分で応対する人がいる。

 

まぁ、それはそれでいいのかもしれません。

その人の考えなので。。。

 

でも自分的には側で見たり、卸さんからその様な態度を取られてるって話を聞くたびに「そいつ商売をナメてるな!」 「その方商売を軽く考えていらっしゃるなぁ」って思ってしまいます。

 

営業の方が来られても

「今日は注文ないよ。他に何か言いたい事ある?」とか

「他の取引先の都合なんか知らん!うちはこの時間までに納品してもらわないと困る。それが出来ないなら二度と来なくていいよ」とか平気で言い放つ! 

 

それとか毎日の様にしかも複数回にわたって平気で急配(今すぐ商品を持ってきてくださいって事)をするところも存在する。

 

たしかに我々医療機関って予期せぬ患者さんが受診されて、薬が手元に無いって事態が起こることはあります。

患者様のことを考えての発言かもしれません。

ですが、こちらから商品の配送をお願いしてるはずなのに、命令口調でいうバカがいる。。。神経を疑います。

 

卸しの営業の方もイレギュラーな商品なら急ぎで持ってくることにそこまで抵抗はないと思いますが、明らかに毎日必要である商品を何食わぬ顔で今すぐ持ってこいって注文するあほも存在する

 

これって自分に「薬剤管理能力がありません」って声を大にして言ってる様なものって何故理解できないのか。。。

 

しかも注文するとき「使えないなぁ。いいよおたくがダメなら、他のところにまわすから。」なんて言ったりしてるんです。

 

本当に悲しくなってきます。。。

もう少し、相手の立場になって考えていただけたら。。。

そういつも思ってます。

 

営業の方でメンタルに不調をきたして退職するとか、配置換えを希望されて営業から外れるとか・・・その様な話は結構聞きます。

 

バカなやつ理解力に乏しい方に限って「フゥ〜ん。そうなんだ。ただ薬持ってくるだけの楽な商売なのに根性ないね」なんて言ってるんです。

 

その様な事をおっしゃってる方なら一度変わってみたらいいのに。

そうしたらご自分が取られていた行動、言動がとの様な事であったかご理解いただけると思います。

 

その様な事を平気でおっしゃる方って取引をどの様にお考えになっていらっやるんだろうっていつも思います。

 

その方たちって「買ってやってる!」という考えがダダ漏れなんですよ!

もう床がビチョビチョになってる。

幾らモップで吹いても拭いても間に合わない。

濡れた床で滑って頭でも打ちやがれ!なんて思ったりしますが。。。

(医療関係者が怪我しろっていうのは良くないですね。。すみません。)

 

正しい取引は

「買わせて頂いてる」 「売らせて頂いてる」なんですよ。絶対!

 

薬を売ってくれる方が居なければ我々の商売は成立しない。

横柄な事を言うひとってそこを全く理解してない。

売ってもらっている事を当然と思っている。

 

商売だから当然取引先は選択させていただく、これは仕方ない事。

でもビジネスの中にも「愛」がないといけない。

特に医療人は「愛」が必要!

 

注)あくまでも僕が見たこと、聞いた事なんでこれが大多数の話では決してありません。

ただ、少数かもしれませんがその様な方がいるのは事実です。

この様な話って医療関係だけじゃないと思います。

 

「買わせていただいてる・売らせていただいてる」と言う感覚は忘れないでください。

自分も含めてですが

 

相手の立場に立って物事を見る能力をつけてください。