人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

皆さんにとって幸せを感じる時っていつですか?本当の意味で幸せを感じる時って。。。

スポンサーリンク

おはようございます。

山崎です。

 

だいぶん心にガソリンが溜まってきたのでこの前書いた「一歩踏み出すために必要なことは」の続きを書きたいと思います。

 

 

www.yamasaki1969.com

 

 

前回は一歩踏み出すためには「先入観を持ちまくる」か「全く先入観を持たない」ことが極意じゃないかって書いたんで、その続きです。

 

コンサルサントさんとの会話で自分の中で「引っかかること」がありました。

 

その話を聞くまでは、コンサルタントの先生の仰ることを自分なりに解釈して一生懸命に頑張ったつもりです。

 

それこそ、一日中ずっと考えていたと思います。

仕事中もたぶん寝ている時も考えていたと思います。

24時間考えていたと言っても言い過ぎじゃない気がします。。

僕の中でそのコンサルタントの先生と24時間ずっと話をしてました。

 

まぁ、そのように考えていないとメンタルがまた落ちそうな気がしてたって事もあるけど。。。

 

考えたってなかなか上手くいかないんですけど。。。

それでも考えないといけないんで考えてました。。。

 

思考が現実化するって思ってるから。。。

 

そのコンサルタントのひとの話って、物凄く共感できるっていうか…何言ってるのかわかんないってところがないんですよ。

 

自分以外の人にそれが全て当てはまるってことはないんだろうけど、とにかく自分にとっては信用できないっていうことが全く見つからないんです。会話をしていて。。。

 

コンサルタントを依頼するひとってなぜだと思いますか?

何を思って依頼してるんでしょうか?

 

おそらくみんなが「成功」したいから依頼してるんですよね。

 

じゃあ、成功ってなんでしょうか?

ストレスフリーな生活でしょうか。

それには絶対とは言わないが、富が必要になります。

 

そのためにひとは一生懸命仕事をしてるんです。

そこを求めるのって至極当然です。

 

僕だって人の子です。ストレスフリーな生活がしたいです。

その為にはどうしても力が必要になります。

ないよりはあった方がはるかにいいです。

 

自分だってメンタルの回復を願って始めたんだけど、力が欲しいって側面もあります。

嘘言ったってしょうがないです。

 

 

スポンサーリンク
 

 

力=富・金ってことです。

完全にイコールとは言いませんが、現実ほぼイコールじゃないかって思います。

 

僕の場合はコンサルタントの方の思考が一番欲しいんですけど。。。

それでも自分もみなさんもおんなじだと思うけど、お金って避けて通れないと思います。

ないよりはあった方が絶対いいですからね。。。

 

金があった方がストレスフリーに、幸せになる可能性が上がるのは事実です。

 

そのコンサルタントの彼から「成功したときのことを強くイメージしてください」と言われました。

 

それってわからないことに対する恐怖を乗り越えるために絶対必要なことです。

 

以前同じことを書いたんだけど、ひとはどうしても分からないことに恐怖を感じます。ネガティブな思考に陥ります。

 

それに打ち勝つには成功したときのことを出来るだけ詳細に、強固にイメージする必要があります。

 

その思考を強固にすることで、その分からないことに、経験したことのないことに対する恐怖に自我が打ち勝てることになるんです。

 

それを意識してから、変な話一日中考えていたことが変わりました。

僕が今まで、一日中考えていたことって所詮スキルのことなんですよね。

 

所詮って言ったらコンサルタントの方にも、ずっと一日中考えてきた自分にも失礼な話なんだけど…やっぱりスキルの話なんですよね。

 

コンサルタントの方との話ってマインドの話です。

彼が読んだらイラっとするかもしれない。。。

スキルの話をしてたのかな。。。

 

矛盾していること書いてますけど、彼とはマインドの話をしてたんです…

僕の中ではそうおもってました。

でも僕の中でマインドの話を聞いているつもりで、それをスキルの話に変換していた部分があるんです。。。

たぶんどこか頭の中で。。。

 

スキルってのは早い遅いはあるんだけど、経験を積んだらなんとかなるんだって…

逆に言ったら経験を積まないとダメな話でもあるんです。

 

だからたぶん時間が解決するんです。。

そんなことわかっているのに、そこにとらわれ過ぎてました。

 

でも思考って時間をかけたからって、向上するもんじゃない。

いくら時間をかけようがダメひとはダメだし。これって年齢も関係ないし。。。

 

だから、こちらを優先して一生懸命考える必要があるんです。

 

マインドってスキルと違っていつ向上するか、そもそも向上するかどうかさえ、また向上しているかってこと自体も良くわかんないんだけど…それでも考えないとダメなんです。

 

なので、ここ数日スキルのことってほとんど考えてません。

なぜ、コンサルタントを依頼したのか?

そもそも自分はどうしたいのか?

 

これに対して今ものすごく一生懸命考えています。

 

それで、成功したときのことを一生懸命考えていたんです。

成功した姿って、ある程度の富を築くことができたというイメージですね。

 

それって・・・

 

いい服着て、いい車に乗って、いい家に住んで、美味しいもの食べて、世界中を旅行してetc...

 

出来るだけ、詳細に、具体的に考えてくれと言われたので考えてたんですよ。

一生懸命に…僕って真面目な生徒でしょ(^^)

 

でね、一生懸命、具体的に考えていたら…ちょっと変な感じになってきました。

 

いい家に住んで、いい車に乗ってなんて考えていたら・・・?

 

じゃなんのためにいい家にすみたいの?

って思い始めたんですよね。

 

いい家に住んで、いい車に乗ったら何が幸せになるんだろうって考えたらちょっと違和感が出始めました。

 

この違和感ってなんだろう?

人の幸せってなんだろうって考えたら行き着いたところって・・・

 

僕が死ぬときに子供から

「パパ良く頑張って生きたね」

って言ってもらうこと。

 

そして、おそらく自分より先に逝ってるであろう両親から

お前も良く頑張ってきたじゃないか。ちょっとお茶でも飲みながら話をしようじゃないか」

って言ってもらうこと。

 

これに尽きるんじゃないかって思います。

これが僕の中で一生懸命考えた答えです。

これが抽象的な話かもしれませんが、一番具体的な答えです。

 

これが自分が見た成功後の景色です。

何事もここから逆算して考えたらいいんです。。

ここさえブレなければ楽しく生きていけるんだと思います。

 

 

追伸:僕の中で座右の銘ってわけじゃないけど肝に命じてることがあります。

『思考は強固に行動は緩やかに』

こんなになれたらいいなぁっていつも思ってます。

なかなかなれてないですけどね。