人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

一歩踏み出すために必要なことは

スポンサーリンク

おはようございます。

山崎です。

今日から一週間の始まりです。

みなさん頑張りましょう!

 

僕は土曜日の仕事がまだ終わってません。

どうしよう。。。って思ってはないです。

どうにかなるって思ったので土曜日定時で帰りました。。

その判断が正しかったのか、職場に行って今日は答え合わせです。

 

 

 

たびたび書いてますが、ブログを始めることになったきっかけはメンタルの低下です。

メンタルの低下からの脱却を目指して始めました。

 

最初の頃の文章ってまぁ、酷いですね。

見ていて鼻血が出そうになります。

 

継続は力なりじゃないけど、続けることでちょっとはマシになってるかなぁ?って思います。

這い這いぐらいはできるようになったかな?

 

メンタル向上の為に今年の目標は「無駄遣い」

その一環?ではないですがちょこっと競馬もしてます。

 

こちらの方は最近あんまり向上しなくなりました ↑(/>↑<)/↑グサグサ

 

無駄遣いっていうのは他人から見たら無駄遣いって思えることでも、自分にとっていいって思ったら人の意見に左右されないで信念を貫くって意味ですよ。

自分の為にお金と時間を使おうって話です。

 

そういった意味で、メンタルの向上になるっていうか、メンタルが落ちる前の状態に戻りたいって思ってコンサルをお願いしました。

 

結果コンサルを依頼したお陰でメンタルが低下する前ではなく、別のところに立ちはじめている実感がしてます。

地点っていうか、次元っていうか…そんな感じです。

 

コンサルを依頼したことで、講師の先生から考えることの素晴らしさってやつを再認識させていただいたのですが…

本当はそれだけでお腹いっぱいなんですが…

 

僕にも別腹ってものがあるので、もうちょっと味わおうって思ってるんです。

骨の髄までしゃぶらせてもらおうっていうかね。

 

せっかくなのである意味、お腹いっぱいで気持ち悪くなるくらい食させてもらわないとダメだと思ってます。

食べさせてもらえるならですが・・・

 

コンサルって聞いてみなさんどんなイメージがあると思いますか?

怪しいとか、騙されてるんじゃないのとか・・・変な話山崎さん洗脳されてるんじゃないの?

こんなところですかね。ネガティブなイメージってやつは。。。

何か他にありますか?

 

 

スポンサーリンク
 

 

僕自身は全くそんなには思ってないんですけどね。

 

ネガティブに思うことって、それって当然の話なんです。我々には危機回避能力ってものが備わっています。

ひとってどうしてもわからないことに関してネガティブな感情を持ちます。

危機回避能力が働いている証拠です。

 

これって立派な機能なんだけど、時としてものすごく邪魔なものにもなります。

 

自分がコンサルを依頼した時って、まぁまぁメンタルがやられていたから危機回避能力が落ちていたのかもしれません。

自分としては変わらないと鬱から抜け出せないって思って行動したんですけど、もしかしたらメンタル低下による危機回避能力の低下が原因だったのかもしれません。

 

鬱を抜け出したいっていう思いだけだったと思ってますけど…

 

なんていうのかな?

ある種ギャンブルだったんですよ。僕的には。。。たぶん。

でも、あの時僕はこのギャンブルに勝てるって思ったし、変な話負けてもいいとも思った。

危機回避能力に自我が勝てた瞬間ですよね。

 

僕にとっては最高の結果になったんだけど。。。

なったじゃ無くて、現在進行形でなってるんだけど。。。

結果論で言ったら自分はこのギャンブルに勝ったってこと。。

僕が勝てたからといって、ほかの人も勝てるとは限らない。また逆も然り。

 

でも、覗かないと…踏み込まないと勝つか負けるかはわかんないんです。

自分もこれからの人生でギャンブルをする瞬間って何度も何度も訪れるはずです。

ここでいうギャンブルって競馬やパチンコのことなんかじゃないですよ。。。

あれって、全くギャンブルじゃないです。

命を賭けるくらいのめり込んでる人にとってはそうかもしれないけど、我々一般社会人にとっては、ただの戯れ言でしかないですから。

 

本当はひとはみんな、ギャンブルをしてるんですよ。

毎日。。。

ただ自覚がないだけ。。。

 

些細なことでいうと、今朝はパンにしようかご飯にしようかってとこからギャンブルです。

 

これは些細すぎたな。。。

 

どの会社に入るとか、どの仕事をするとかしないとか。。。ねっギャンブルでしょ。

 

結局一歩踏み出すときに、想像することができるのか?出来ないのかだけなんですよ。

 

踏み出すときに明確なイメージができたら、もう簡単に踏み込めるはずなんです。

踏み出したいって思ったら、一生懸命にイメージができるように情報を集めたらいいんです。

イメージさえ出来たら飛び込めます。

 

逆に言ったら、踏み出したくてたまらない状況があって、イメージができないようだったら逆に全くイメージしなけりゃいいんです。

 

そうしたら先入観無く一歩踏み出すことができるようになると思いますよ。

 

結局踏み出そうって思ったら

『先入観を持ちまくる』

あるいは

『全く先入観を持たない』

これが極意なんじゃないかって思います。

 

 

追伸:この話はまだ続きを書きたいって思ったりもするんですが、今回はものすごく自分のことを考えながら…頭を使って書いたのでガス欠になりました。

 

みなさんから見たら大したこと書いてないって思われるかもしれないけど・・・結構バテました。。。

 

メンタルという名のガソリンがまた満タンになったら続きを書こうと思います。

 

なんかイマイチ自分が言いたいことをお伝えできなかったんですけど…そういうことです。

 

ありがとうございました。