人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

傲慢と卑屈はダメ!絶対!

スポンサーリンク

 

おはようございます。

山崎です。

 

今日はちょっと意味不明な事を書きます。

最初に断っておきますが、仕事をする上で上も下もありません。みなさん平等です。

便宜上立場ってものがあるだけです。

 

これを了承して頂いてから読まれて下さい。

今から矛盾する話を書きますよ。

 

 

 

自分は調剤薬局に勤めてますので薬局のことでの出来事になりますが、これって他の業種にも絶対に当てはまると思います。

 

調剤薬局って厚生労働省の許認可事業です。

薬局を開設、営業をする上において薬剤師さんが常駐する必要があります。

ということは薬剤師さんがいなければお店を開けるわけにはいきません。

 

この事を理解してるので一部の薬剤師さんのお鼻が高くなるんですよねぇ。。

そばで見ていてへし折りたくなってしまいます。

鼻が高くなり過ぎたら歩きにくくなりそうなんですけど。。。

 

法律上では薬剤師さんがいないとお店を開けることはできない。。。

という事で言えば薬局の中で絶対に必要なひとって薬剤師さんって事になりますよね。

 

話はちょっとずれますけど、田舎になると薬剤師さんの確保が難しくなります。

全然黒字なのに薬剤師さんを確保することができなくて店を閉めるところもあります。

 

自分もよく存じ上げてる方も薬剤師の確保が困難になり店を最近閉めました。

薬局を開設してから、薬剤師の確保がずっと悩みだったそうです。

この前やっとその悩みから解放されたって言ってました。

 

このような話なので、パワーバランスが崩れてたまに変なひとが出てくるんです。

ちやほやされることが当然って言うか、自分の実力って勘違いするひとが。。。

 

僕は薬局を運営していく中で一番必要のないひとって誰だと思ってるって思いますか?

 

標準的な調剤薬局の話なんですけど、薬局は薬剤師さん、調剤助手さん、事務さんってひとで成り立ってます。

 

この中でひとり明日休むって話になったときに、代わりのひとがすんなり入って来れるって分かります?

 

一番代わりが聞く職種って言ったら分かりやすいですかね。

 

 

 

 

それって・・・

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

薬局で働いてる方ならわかるって思うんですけど・・・

 

 

 

 

 

 

 

自分です。僕が一番いらないと思ってます。

 

プライドがないから言ってる訳じゃありませんよ。

自分なりに現状を把握して分析した結果の話です。

 

確かに許認可なんで薬剤師さんがいないと成り立ちませんよ。

 

でも、実務レベルで考えた時に一番必要無いのが薬剤師さんって思ってます。

 

だって僕が仕事してるわけじゃないから。。。僕の免許書が仕事してるから。。。

僕の中での正解です。

 

 

みなさん資格があれば食いっぱぐれが無いって言うことで、資格を取りますよね。

それは正解だと思います。

そう言う意味では自分は両親にものすごく感謝してます。

 

じゃ、その資格を除いたら自分には果たして何が残るんだろうっていつも思ってます。

決して捻くれたりとかではなくて純粋に思ってるんです。

 

自分の給料って自分に対して支払われていないってね。

 

 

 

じゃあ、何に支払われてるの?

 

 

 

僕の給料は何に支払われてるって思います?

 

 

 

 

僕の資格に支払われているんです。

偏屈って思われるかもしれないですけど、自分には資格があるから雇って貰われてるんですよ。

そうじゃなけりゃ雇ってもらえないです。

 

 

みんなそこに気付いてるのかなぁ。

今の世の中正直言って資格持ってるやつが強いですね。

確かに自分もそう思います。

 

現時点ではね。。。

 

今はそれなりのギャラを支払われています。

そりゃあ経済活動なんでもらって当然なのかもしれませんけど。。。

 

なにのぼせたこと言ってるのって思うかもしれないけど・・・

自分にギャラが支払われてるって感覚になれないんですよね。どうしても。。。

 

自分がもし薬剤師の資格をはく奪されたら、今周りにいたひとは去っていくんじゃないかって恐怖がどうしても拭えません。

 

どうします?

自分が定年になったとたんに、仕事をやめたとたんに周りが引き潮のように・・・

 

ざざ~っとひいていったら。。。

 

海辺で波を見ながら体育座りをしないといけなくなったら。。。

 

なみだがちょちょぎれます( ノД`)シクシク…

 

みんなこんな考えってないのかな?

 

自分って歳をとったら みんなでどら焼でも食べながらゲートボールしたいんですよね。昨日のプロレス観た?すごかった!よね。なんていいながら。。

 

本当は資格とか地位は直接関係ないのかもしれないんだけど・・・

 

どうにも足かせに感じちゃってるんです。。。

 

だから、地位とか資格とか関係ない自分を見て欲しいんです。

承認欲求がつよいんです。

たぶん自分ってかまってちゃんなんだろうって思います。

 

たぶんブログを書いてるひとって基本的にはかまってちゃんじゃないの。

(一部のひとは違うけど・・・)

 

会社である地位まで登りつめたひとって、ここの部分を捨てれてるのかなぁ?

 

それを理解してそれでも突っ走ってるのかなぁ?

 

自分が仕事をするときに薬剤師を出来るだけ出さないように、山崎を前面に出すようにしてるのって一個人として認めてもらいたいんです。

 

せっかくひととして生まれてきたんだからね。。。

 

皆さん自分の肩書を外した時、仲間ってどれくらい残ると思ってます?

 

 自分って考えすぎなのかなぁ。。。