人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

父のようになりたい

スポンサーリンク

おはようございます。

山崎です。

 

現在、金曜日の23:00です。

ちょっと前シャワーを浴びながら考えていました。

下記の記事は以前に書いたものです。

いつかアップしようと思ってなぜかしてませんでした。

なんでかって・・・ただの思い出話しだから。。

 

いつもよりちょっと熱めのシャワーを浴びながら、確信しました。

今この記事を上げないでいつアップするんだってね。

いつもなんですが、今回も思いっきり自己満足です。

 

・・・じゃないな。今回は特別自己満足です!

 

ここから先は以前書いたものです。

ただの思い出話です。

そこの所ご了承ください。

 

 

 

 

まだまだ寒いですね。こちらは九州なので比較的暖かいんですけど、それでも冷えます。

日本海側の地域の方なんかは寒いんでしょうね。

こちらは雪が積もることなんかほとんど無いからよくわかりません。

 

そう言えは30年ほど前に一度だけ北海道に行ったことあるんですが、そこでタクシーの運転手さんから驚きの一言がありました。

 

「にいちゃん、今日は暖かいね。」びっくりしました。その時外気温が2℃だったんです。

自分の中では考えられませんでした。めっちゃ寒いじゃん。

 

それでも地球って自分が子供の時より確実に暖かくなってきている実感があります。

子供の頃ってなんだかんだ言っても雪が降ったりしてましたからね。

 

当時はストーブが大活躍でした。

父親がストーブの上部に薄いブリキで風車を取り付けてくれてそれがくるくる回ってるのを不思議に思ってました。

なぜ風がないのに風車が回るの?って。

今にして思えば上昇気流のおかげってわかるんですけど、当時は立派なマジックでした。

 

自分の目標って父親なんです。

自分っていう人間を形成する上において確実に父親の影響を色濃く受け継いでいます。

 

父親って周りの父親とちょっとだけ違ってました。

そんなに意識はしてなかったんですけど。

 

自分が確か10歳くらいの時に1台のパソコン(確か国産初パソコンって行ってなかったかな)を買ってきました。

これからはコンピュータの時代になるって言って。

 

それがパソコン(日立ベーシックマスター)との出会いです。

電波新聞社が発刊していたベーシックマガジンを愛読してました。

今にして思えば先見の明ってすごいです。

幼少の時からパソコンに触れていたので全くアレルギーはありませんでした。

 

 

スポンサーリンク
 

 

父親が教師だったんですけど、これって大変でした。

自分が休みの日は親も休みなんです。

休みの日にうちの手伝いをさせられるので休みがありません。

子供ながらに週末の天気に敏感になってました。

雨が降らないかなぁって。

晴れたらうちの手伝いをさせられますから。

 

いろんなことしましたね。

田んぼを持ってたのでお米づくり。

小学生の低学年の時から草刈機を扱って雑草を払ったり、トラクターに乗って土を耕してみたり。

 

田植えは最初のうちは手植えでした。

これって腰が痛くなるし、足がぬかるんでキツイし。。。

でも田植えの後田んぼの畔でお昼ご飯を食べるのって楽しかったです。

おにぎりが美味しいんですよね。

 

後で田植え機を手に入れて田植えをしたりしましたが、やっぱり素人ってのが丸わかりでかっこ悪かったです。

 

なぜ素人ってわかったかっていうと、苗を植えた後を見たら一発でわかるんです。

綺麗に一直線になってなかったんですね。

 

ここまではちょっとした家庭ならおこなってきたことだと思います。

 

 

ですけど。。。

 

 

ここからちょっとエキセントリックな話になります。

 

うちでペットを飼ってました。

 

どんなペットを飼ってたって思いますか?

 

ヒントです。

そのペットの数を数えるときに一頭、二頭って数えます。

 

 

 

答えは。。。

 

 

 

以前ブログで書いたので、読まれた方はわかるかな?

 

 

 

 

 

馬(ポニー)を飼ってました。

一般の家庭でペットにポニーを飼うって変でしょう(笑)

最初は車庫を改造して馬小屋をつくってそこに住まわせていたんですけど。。。

 

ある日、ちゃんとした馬小屋を作るってことになって・・・

 

学校が夏休みの時だったかな。

技術室を借りてそこで木材の加工をして自宅の前に馬小屋を立てました。

立派にできましたよ。

2階建で上の階に住むこともできました。

 

自分なんかそこにコンポを持って行って大音量で洋楽聞いたり、FM番組を聴くのが楽しみでした。

 

その後も、裏山を整地してポニーの運動場を作ったり。

学校の帰りに軽トラに乗ってポニーに食べさせるために草を刈って集めたり。。。

 

ポニーを飼うって自分にとってメリットがありました。

ポニーを飼うってことは当然馬糞が出ますよね。

堆肥小屋も併設してたんですけど、そこに馬糞を積んでおくんです。

そうするとどうなるか。。。

 

夏になると大量にカブトムシが発生するんです。

わざわざカブトムシを捕りに山に登る必要がないんです。

今にして思えばカブトムシ繁殖で一儲けできたのかもしれませんねwww

 

そのような環境の中で自分の思考って形成されていったんです。

自分の隣にずっと父親がいたんです。

 

実際は父親は転勤したりしていたので物理的には絶えずそばにいたって事にはならないと思うんですけど。。。

 

ずっと父親を感じて生きてきたんだと思います。

それはもう50歳になろうとしている現在でも同じです。

小さい時は思ってました。

なんで休みの日に遊びに行けなくてうちの手伝いをしないといけないのか。。。

雨が降ればいいのにってね。

 

でも、今は感謝してます。いろんなことしてきたので、農業、林業、漁業、建築業の知識は浅いですけど持ってます。

 

あの経験がないと自分はこのような思考を手にいれることはできなかったんだと思います。

 

父の愛を感じてました。。。

 

自分も父親のような男にいつの日かなりたいです。

少しでも近づきたいって思ってます。。。

 

 

 

 

追伸:ただいま5:30です。ここからは朝です。^_^

今日はただの想い出話になってしまいました。m(_ _)m

それでも、すごく緊張してるんでしょうね。まぁまぁ眠れなかったから。

お白湯でも飲んでシャキッとしましょうかね。

今寝たら仕事に行けなくなりますから。。。

 

今日は超久しぶりの自分ひとりで出勤です。他の職員さんは休みです。

社畜は辛いですが、ひとりの職場を満喫しきてきます。 

 

ひとりでの仕事、ちゃんと出来るかわかんないけど今から悩んでてもねー。。。

やってみないとわかんないからね。

まぁ、なんとかなるでしょ。たぶんね。

それにひとりでの仕事によるメリットもあるし。。。

自分主体で動けるって。。。

 

これからは、土曜は隔週ひとり出勤になるけど…最初は上手くいかないだろうし、多少なりともビビるだろうけど…たぶん慣れるだろうから。。

最終的には口笛吹きながら働けるようになれると思います。

なにごとも、継続は力なり…ですね。

自分に緩やかに期待しつつ出勤することにします。

 

最後までこんな支離滅裂な文章を読んでいただいて…

ありがとうございました😊