人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

継続は力なり

スポンサーリンク

おはようございます。

山崎です。

 

今日は先日友人と話したことを書きたいと思います。

彼とは時々なんですが夜の22:30以降かな。LINEで会話をする仲です。

彼との付き合いは30年来の付き合いです。

 

側から見たらとても気の合うようには見えないのかもしれませんが、なぜか気が合います。

なぜかって言ったら彼は決して押し付けるようなことは言わないから。

でしょうね。

 

全てのことを受け入れるっていうか・・・認めてくれる感がすご〜くあるんです。

また、決してブレない心も持ち合わせています。

他人が何を言ったところで揺るがないっていうか・・・内容はともかく(笑)

 

尊敬するひとです。僕にないものを持ってます。

 

そんな彼と昨夜面白い話をすることができました。

 

どんな話かって言うと・・・

 

彼が自分に「よく毎日、そんなにブログを書くことが出来るなぁ」って言うんですよ。

 

そうですよね。自分も思います。よく毎日ブログを書くことが出来るなぁって。

 

正直なことを言ったらネタなんてそうそうないですよね。

 

そんな日常に『お宝』がそんなに眠ってるはずがありません。

もしかしたら自分が気づいてないお宝ってまだまだ沢山眠ってるのかもしれないんですけど。。。

お宝探知機持ってないですから(^_^;)

 

特に彼もそうなんですが、一応理系なわけですよ。

文章を書くことに全く慣れていない。

 

僕の書いてる文章なんて支離滅裂ですもんね。

オシャレにワインでも傾けながら読めるような文章を書きたいんですけど、全くできない訳です。

それどころかイモ焼酎片手に読む文章すら書けない。。

(自分は下戸なのでどうでもいいんですけど・・・)

 

それでも自分のメンタル向上の為には続けないといけないって思っていまして・・・

一応頑張ってるんです。

 

メンタル向上以外にもう一個願掛けって訳じゃないけど、引けないわけを自分で作って続けてはいます。

現状毎日は厳しいのかもしれないですけど。。。続けます。

 

 

ほらね。予定通り支離滅裂になってきた(笑)

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

彼とどうしたらブログを更新することが出来るんだろうって話になったんですけど。。

 

そんな話の中で、無意識かもしれないんですけど自分が彼に言って「はっ!」とすることがありました。

 

以前自分がコンサル受けましたって話を書いたことがあるんですが、その先生が言っていた言葉・・・おんなじこと言ってました。びっくりです!

 

『ただ毎日書きさえすればいい』

 

彼には「僕でさえ稚拙ながらも何と無く続けてるんだから、◯◯だってやれるよ!

無理してまでやることじゃないけどね。」なんて言ってました。

 

当然彼は出来る訳ないじゃん。って言いいますよね。自分と同じく国語が苦手だったようなので。。。

 

でも本当は彼はできるんです。

 

彼はって言うか・・・本当は誰でもできるんです!

 

断言できます!

 

 

 

 

 

なぜかって言うとね・・・

 

 

 

 

 

 

僕たちは・・・

 

 

 

 

神様から素晴らしい能力を授かっているから・・・

 

 

 

 

 

 

それは・・・

 

 

 

 

 

 

会話ができるってこと!

 

なに言ってるって思うでしょ。

でもちょっと考えてください。我々は何でコミュニケーションを取ってますか?

 

テレパシーですか? 

もしテレパシーで意思疎通ができるのであれば、貴方は完全なるニュータイプです。

羨ましいです!(◎_◎;)

 

意思疎通の手段って会話ですよね。

 

二人してどうしたらブログを書くことができるんだろうねって話をしているってことは、もうその時点でブログを書くことができるってことなんです。

 

会話を文章に起こすだけでいいんですよ。

たったこれだけの話なんです。

 

まぁそれが難しいんですけどね。実際は。。。

 

会話って人類に与えられた素晴らしいツールですよね。

じゃ、文字は?文章は?

これだって人類に与えられた素晴らしいツールです。

 

会話の中で、それを駆使することができて、表現することができるのであれば文章で表すことって絶対可能なんです。

 

ず〜〜〜〜〜っと以前から僕たちはそれに対して、全く違和感を感じずおこなってきたんだから。

 

こどもだって2、3歳になれば立派に話ができるようになります。コミュニケーションが取れている。

文字を書く能力さえあれば文章って書けるんです。

 

ねっ!そう思いませんか?

 

話ができるようになったばかりの子って、言葉の並びとか変な使い方とかしますよね。

でも、我々は何となくだけど理解できる。

じゃ文章の構成が多少おかしくても我々は理解できるんです。

 

しかも子供ってすぐちゃんとした言葉を発することができるようになる。

 

と言うことは・・・・

 

僕たちだって、文章で言葉を表現出来るようになるはずです。

 

言葉で表現できるんなら、文章でも絶対表現できるようになるはずなんです。

 

文章で表現できるってことは、ブログを書くことができるって話になるんです。

 

彼も、自分もブログを書くことなんて朝飯前になる日が来るはずなんです。本当は。

 

小さいこどもがすぐ話をすることができるように、自分たちの環境をそこに置くだけで文章って書くことが可能になるはずです。

 

だから、一日5文字でもいいから文章を書くべきなんです。

テクニックなんか後でついてくるし、どうにでもなります。

だって、我々大人は赤ちゃんの時と比べてきちんと話ができるようになってますから。

それと全くおんなじです。

 

話をすることをやめない限り、話をすることはできるようになります。

ただ、毎日話をするだけでいいんです。ただ毎日文章を書きさえすればいいんです。

 

たったそれだけのことなんですね。。。

 

これってなんのことでも一緒。

 

最初は乗るのさえ怖かった三輪車から、補助輪付き自転車になり、ママチャリになって、行き着くところはマウンテンバイク!

 

そんなもんなんじゃないかな。。。

 

 

 

 

追伸:そうは言ってもブログに意味を持たせないといけないって思ってしまうので、なかなかうまくはいかないですね。

本当は日常会話の中にでもちゃんと意味を持たせて話してるはずなんでしょうけど・・・これが難しいなぁ。

 つい先日、上記の論理が通用するのか確かめるためにICレコーダーを買いました。

「話せる=文章に書ける」が正解かどうか確かめてみます。