人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

西日が強くてまぶしいなぁ

スポンサーリンク

おはようございます。

 

今日は何書こうかな。

そういえばこの前職場で話をしたことを書かせてもらいますね。

 

この季節日が落ちるのが早いですね。15:00頃にはお日様もずいぶん西に傾いて仕事に支障をきたすくらい西日が入ってきます。

f:id:dragonsleeper1969:20190101114553j:plain

 

パソコンで作業していて画面が西日で照らされて入力作業が難しくなってきます。

 

こんな時皆さんはどうしますか?どんなことをしようって思い浮かべますか?

 

 

西日が入らないようにブラインドを下す。

 

 

至極真っ当な答えですね。

 

 

 

じゃ、他になにかできることってないですか?

 

 

 

 

他に有効な手段があります!

 

 

 

 

 

 

パソコン業務をやめる!

 

なに屁理屈言ってるの? おかしいんじゃない?

って思われるでしょう。そう思います。屁理屈かもしれないですよね。(笑)

 でもね、パソコン業務を続けないといけないって前程条件は一言も言ってないんです。

 

屁理屈言ってるって思う方は勝手に前提条件を設定してるんです。

自分も得てしてそのような思考になるんですけど、これっておかしいことなんです。

まぶしくて仕事の効率が悪くなるのであれば、他にやるべき効率がいい仕事をすればいいんです。

 

まずは前提条件をしっかり把握すること。そのうえで仕事って優先順位をつけるべきなんだけど、最初に設定したことを頑なに守った結果効率が落ちるのであれば本末転倒です。

 

ここでいう一番の目標って仕事を完結させること。ここはぶれたらいけない。この目標に最短で到達しないといけないんだけど、最初にたてた工程に不具合が生じていると認識したならば、変更させる勇気が必要であるってこと。

 

インフレキシブルな思考とフレキシブルな思考を両方持つべきなんじゃないかなって思います。