人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

Inspire the Next ~ 50の手習い始めました。

スポンサーリンク

おはようございます。

山崎です。

 

 

 

実は先日からちょっとした勉強を始めています。

60の手習いではないんですけども… (僕の場合は50の手習いですね。)

 

ブログ以外で楽しいおもちゃを見つけてしまったようです。

 

そのおもちゃをきちんと使いこなせるようにちょっと勉強するつもりです。

 

そのためにちょっとした買い物をしてしまいました。

 

そういえばもう50になろうと言うのに、ちゃんと勉強してきたことってなかったのかもしれません。

 

僕的にはちゃんと人生の勉強してきたつもりだったんですけども…

 

今は何て言うのかな?

 

生まれ変わったって言うのか…

 

思考の幅が広がったような気がしています。

 

ちょっと前だったら自己投資しようなんて全く思ってませんでした。

 

周りの人の為ならお金を使うのって何にも思わなかったんですけども…

 

自分のためにお金を使うことに抵抗がありました。

 

何かおかしな話ですよね。

 

何のために働いてるのか…

 

自分が幸せになるために働いてるはずなんですよ。本当は。。。

 

当然周りの幸せも大切なことです。

 

でもそれって…まずは自分が幸せにならないと周りを幸せにすることなんてできないって気がつき始めています。

 

スポンサーリンク
 

 

そんなこんなで自分のために時間とお金を使うことに急激に抵抗感がなくなってきています。

 

例えが間違ってる気がしますけど…「捨てる神あれば拾う神あり」ですね。

 

今まで自分の思考の中だけでものを考えて、行動していたんですけども…

 

現在思考の外に飛び出すことができ、そしてその外の世界のことを勉強できるって…ものすごくラッキーな事なんですね。

 

今年のテーマは無駄遣いにしてよかったです。

 

この文章を読まれている方は、何言ってんのかよくわからないですよね。

 

僕が抽象的なことしか言ってないから。。。

 

まぁ、なんて言ったらいいのかなぁ…

 

僕自身具体的にどう言ったらいいのかあんまりわからないんでしょうね。

 

僕が言いたいのは、自分の思考の外側に行けたら一気に視界が開けて楽しいこと、勉強したくなるような事がたくさんあるって気が付いたってことです。

 

既存概念の外側に行くことが出来てから、今までと同じものを見ていても感じるものが違ってくるようになってきてます。

 

いちど思考の外側に行けたら、確実に好奇心と言う素晴らしい武器を持てると言うことです。

 

自分はその好奇心と言う名の武器をどうやら手に入れたようです。

 

その好奇心を満たすと言うことに対して、時間なりお金なりを投資することにあまりストレスを感じなくなってきてるみたいです。

 

当然先のことなんかわかんないんでしょうけど、でもその好奇心と言う武器を手に入れることができたので…これから結構楽しい人生になるんじゃないかなぁって思っています。

 

皆さんも規制概念ってやつを一度取っ払っちゃったら、新しい世界が見えてくると思います。

 

僕も以前は一歩踏み出すって言ってもねぇ。。。

 

他人事だから言ってるだけじゃんなんて思ったりもしていました。

 

さっきも言ったけど未来のことなんか誰もわかりません。

 

一歩踏み出した結果、予想もしなかったことがあるかもしれません。

 

変な話失敗することがあるのかもしれません。

 

でもトライしない限り、失敗するか成功するか…わかんないんですよ。

 

トライすることが大事、一歩踏み出すことが大事なんです。

 

一歩踏み出すことができた段階でもう既成概念の外側に立てるんです。

 

僕は今までリスクを取ることを恐れていて、一歩踏み出さなかったことに対して後悔することが多々ありました。

 

という事は、これからも踏み出さなければ後悔するはずなんです。

 

もう若くはありません。

 

できるだけ後悔の人生ってやつはなくさないといけません。

 

好奇心と言う名の武器を死ぬまで一生懸命磨かないといけないと思ってます!

 

皆さんもその武器を手に入れて欲しいなぁって思ってます。。

 

 

 

最後に僕この言葉が好きなんで張り付けておきます。

 

www.hitachi.co.jp

 

Inspire the Next