人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

孤独はホントは素晴らしい

スポンサーリンク

 

おはようございます。みなさん昨日は楽しく過ごすことできましたか?

 

自分はおかげさまでなーーーんにもない1日でしたね。

少しは掃除できたから(ほんの少し、ホントに掃除したの?ってくらい)当初の目的は達成できたのかな?

 

ブログで頑張るようなとこと書いてますけど、ホントはなかなか上手くいかないです。上手くいかない自分を認めないとダメなんだろうけど、どうしても落ち込んでしまいます。

 

孤独感が強いんですよね。他の方にはみんな一人じゃないって言ってますけど、ふっとした瞬間に強い孤独感を感じてしまいます。

 

これってどうしたら改善するんでしょうか?

 

孤独感を忘れることができるくらい、楽しいことで埋めていけばいいんだろうけど…

それが判れば苦労しないですよね。

 

果たして孤独って悪いことなんだろうか?

 

現状自分はおかげさまで孤独です。孤独って実はデメリットばっかりじゃないですよね。

 

メリットとしては…

 

人間関係に悩まなくなる

これって至極当然の話ですよね。ひとりだったら人間関係で悩まなくなるっていうより悩みようがない。対人関係で悩んでいるひとにとっては願ったり叶ったりではないでしょうか。ただしいつもひとりがいいのかって話だけど、特定の人だけで疲弊している方は当てはまらないし… これは説得力が弱いです。

 

時間を自由に使うことができる。

これも当たり前の話ですね。誰に気兼ねすることもなく自分がしたかったら動いたらいいし、何にもする気が起きなければ黙って寝ていられる。自分のペースで行動できます…これはなかなかの説得力ですね。

 

お金を自由に使うことが出来る。

これも当然ですね。 自分で稼いだ金を自分が自分のために使うことができるようになる。誰にも搾取されない…正しいんだけど、何故か他人のためならお金を使うことに抵抗はあまりないけど、自分のために使うのって抵抗があります。昔はほいほい使ってたんですけどね。

 

考えようによっては孤独も悪いことばっかりじゃないのかもしれません。。

 

いま思ってることがあります。自分に投資をすること。まだ心身ともに波があって…こんなんじゃ自分に投資をしても上手くいかない気がして…また周りの方に迷惑をかけるんじゃないかってずっと引っかかっています。

 

孤独は好きじゃないけど、孤独だからこそできることもありますから。自分に投資をしたいって、時間とお金が自由になるからこそ言えることかもしれないし…(自由になる金って本当はないけど…)

 

孤独とうまく付き合っていかないといけませんね。

 

自由が奪われないくらいの、いい感じでひとと関われたら1番いいのかもしれないですね。結構難しいけど。