人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

フィリピンの少女

スポンサーリンク

17年前だったか。。。

 

自分の従兄弟がフィリピンの方と結婚することになり

 

彼女の連れ子が邪魔になり、夫婦で虐待。。。

 

当時5歳の女の子をフィリピンへ送り返そうと。。。

 

自分の父親がそれを知り、当時67歳の老夫婦が

 

引き取ることに。

 

その父親が彼女とお風呂に入っているときに。。

 

「じいちゃんは、私がゴミ箱に捨てられてたのを拾ってくれた。

 

拾って貰って嬉しかった」

 

「ママからいじめられて悲しかった。。その時の思い出は

 

ビデオテープに録画されてるけど、心の金庫にしまってる。

 

開けたら見れるけど、今は大事に開かないようにしまってる。」

 

そんなことを小学生にならない彼女が話したらしい。

 

胸が張り裂けそうな話である。

 

自分はどうだろう。。。

 

彼女に比べたら。。。