人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

社長夫婦が?

スポンサーリンク

今朝も予想通り気怠さ満点💯テンション👇Max!で起床。

 

はぁーっ。。。どうしよう。。。うごけないや (>_<)

 

なんて思ってたら、社長からLINEが、、、

 

「今から嫁さんとその友達と散歩に行くから一緒に行かない?」

 

お誘いがありました。 うちの会社はそんなに大きくはありませんが

 

それでも社員は60~70人はいるんじゃないかな?

 

 

そんな一従業員の自分のために。。。

 

 

近所のダムの周り5kmを一周。。。

 

そのあと、皿倉山北九州市)の頂上へ。

 

 

f:id:dragonsleeper1969:20181104205327j:plain

 

 

 「今、産まれてくるひともいれば亡くなる人もいる。喜びも悲しみも毎日みんな感じてる。それが現実。ひとそれぞれ悩みは抱えてる。自分だけじゃないよ」

 

と言って貰いました。

 

 

そのあと焼肉屋さんにて

 

 

奥さんとその友人に泣きながら

 

 

「自分で自分を傷つけてどうする!ちゃんと自分を愛してあげなさい!」

 

叱って貰いました。自分はひとりでないです。みなさんに助けられてます。感謝です。

 

ただ感謝、感謝です。

 

このブログある方に、その方に感謝して書いてます。

 

人生ってカウントスリー取られるまで、終わりじゃない!

 

 

気付かされました。元々自分がそう思ってカウント2.9って付けたのに。忘れてました。