おぢさんのつぶやき -山崎篤史ー

とうとう50代突入してしまいました。白髪が増えてきたおぢさんですが、たまに書き込もうかなぁと思います。

「マイナス思考はダメな結果を引き寄せる」

スポンサーリンク

「マイナス思考はダメな結果を引き寄せる」

 

 

おはようございます。

山崎です。

 


皆さん、この「マイナス思考はダメな結果を引き寄せる」という言葉には、私たち人間の思考のあり方と、それが生み出す結果との深い関係性が表れています。
思考のパターンが人生に大きな影響を与えるということ、この重要なメッセージが込められているのです。

 


しかし一方で、この言葉だけを鵜呑みにしてしまうと、単に「マイナス思考をしてはいけない」と解釈されてしまう恐れもあります。
ですからここでは、この言葉が持つ真の意味と、マイナス思考から脱却する具体的な方法について掘り下げていきたいと思います。

 


「マイナス思考はダメな結果を引き寄せる」というこの言葉が説くのは、ネガティブな考え方や悲観的な心構えを持ち続けると、結果的にプラスの展開を遠ざけ、望まぬ結果を呼び込んでしまうということです。
しかしそれは、決してマイナスの気持ちを完全に否定するものではありません。

 


人生においてはさまざまな困難や逆境に見舞われるものです。
マイナスの気持ちを一時的に抱くことは自然なことです。
しかしそれを放置し、悲観的な思考に囚われ続けてしまえば、新しいチャンスを見落としてしまったり、問題解決の行動が後手に回ってしまう可能性があるのです。

 

一方で、たとえマイナスの出来事があっても、前向きな姿勢とポジティブな思考を持ち続けられれば、次のステップへと進む原動力となります。
乗り越えるべき壁を小さく見積もってしまわず、最善の打開策を見出すことができるはずです。

 


歴史を見渡せば、逆境にあってもポジティブな姿勢で乗り越えた人物の例は数多くあります。
アメリカ建国の父とされるワシントンは、七年にも及ぶ戦争の中で幾度となく敗北を味わいました。
しかし最後までポジティブな姿勢を貫き、独立を成し遂げたのです。

 

また、ヘレン・ケラーは視覚と聴覚の両方に障がいがありながらも、ポジティブな心構えで学び続け、作家や教育者として大きな足跡を残しています。
才能と不屈の精神力は、マイナスの状況さえも克服するための原動力となったのです。  

 

大人の皆さんも、日々の生活の中で、さまざまな困難やストレスに遭遇するでしょう。
仕事や健康、対人関係など、様々な場面でマイナスの出来事は避けられません。
そんな時こそ、この言葉を思い起こす必要があります。

 

ネガティブな考え方に囚われてしまえば、さらに混乱が加速し、深い絶望の淵に陥ってしまう可能性があります。
しかし一旦立ち止まり、落ち着いてポジティブな視点に立てば、必ず打開策が見えてくるはずです。
自分自身を過小評価せず、前を向いて歩み続けることが大切なのです。

 


しかしながら、ポジティブでいることが至難の課題となる場合もあるでしょう。深い喪失や苦しみに見舞われた時、一時的にはネガティブな思考から抜け出せないかもしれません。そのようなつらい体験の渦中においては、無理にポジティブであろうとする必要はないと言えます。

 

一人で抱え込まずに、家族や友人、専門家に助けを求めることが何より大切です。
ネガティブな気持ちを共有し、いったん受け止めることで、徐々にポジティブな気持ちを取り戻すことができるはずです。

 


大人の皆さん、この「マイナス思考はダメな結果を引き寄せる」という言葉は、人生を前向きに歩んでいく上で肝に銘じるべき教訓なのです。
しかし、それはマイナスの気持ちを完全に否定するものではありません。

 

ネガティブな出来事があれば、一時的にはマイナスの気持ちを抱くのも無理はありません。
大切なのは、そこにとらわれ続けず、前を向いて歩み続ける姿勢なのです。
ポジティブな気持ちを持ち続けることで、必ず光明が見えてくるはずです。

 

もちろん、一人で抱え込むのではなく、周りの人々に助けを求めることも大切です。
ネガティブな気持ちを共有することで、前向きな気持ちを取り戻せるはずです。

 

人生には様々な逆境が待ち受けています。
しかしネガティブな思考にとらわれてはいけません。
この言葉を胸に、ポジティブな心構えを持ち続けることで、必ずや乗り越えられるはずです。
一歩一歩、前進していけば、必ずや望む人生が待っているはずです。

 

マイナスの経験は誰もが味わいます。
しかしそこから奮起し、ポジティブに前を向く勇気こそが大切なのです。
この言葉を胸に刻み、人生を前向きに歩んでいきましょう。
きっと素晴らしい景色が待っているはずです。