おぢさんのつぶやき -山崎篤史ー

とうとう50代突入してしまいました。白髪が増えてきたおぢさんですが、たまに書き込もうかなぁと思います。

「人間は、毎日生まれ変わる」ジャン・コクトー

スポンサーリンク


「人間は、毎日生まれ変わる」

 

 

ジャン・コクトーは、20世紀を代表する芸術家でした。
詩、小説、演劇、映画と多岐にわたる分野で才能を発揮し、独自の視点から世界を表現しました。


そんな彼の言葉に、「人間は、毎日生まれ変わる」というものがあります。
この言葉からは、深くて重要なメッセージが伝わってきます。

 

 

この言葉を聞いて、多くの人は生まれ変わりや転生を想像するでしょう。
しかし、コクトーはそこまで大げさな意味を込めているわけではありません。
本当の意味を理解するには、人間が日々変化していることに目を向ける必要があります。

 

 

一日が終わり、あなたがベッドに身を横たえた時、その一日の出来事を振り返るはずです。
そのとき、新たな気づきがあったり、感情の変化があったりするものです。
そして朝、目を覚ますと、また新しい自分になっているのです。 

 

 

このように、人は日々、内面で変化し続けているのです。
コクトーの言葉に込められた真の意味は、まさにこの内面の変化についてなのです。

 

 

私たちは毎日、新しい出会いや発見、経験があります。
これらすべてが内面に影響を与え、価値観や考え方が少しずつ変わっていきます。
つまり、今日の自分と明日の自分は必ず異なっているのです。
日々の積み重ねが、私たちの中で変化を生み出しているのです。

 

 

例えば、幼い頃の環境の中で培った価値観があります。
しかし、成長するにつれ、さまざまな人々や文化に触れ、その価値観が変わっていったことを覚えていないでしょうか。

 

 

また、人生の中で味わう喜びや悲しみ、成功や失敗の体験も、私たちの内面に大きな影響を与えます。
そうした経験を通して、考え方や優先順位が変わるのです。  

 

 

長い人生を振り返れば、今の自分が昨日の自分とは異なっていることに気づきます。
良くも悪くも、私たちは日々変化しているのです。

 

 

コクトーが言うように、人間は実に毎日生まれ変わるのです。
この言葉は単なる言葉遊びではなく、人間の本質的な側面を表しています。
変化は避けられないものなのです。
大切なのは、その変化に気づき、前向きに捉えることです。

 

 

変化を恐れるのではなく、むしろそれを喜び、成長の源泉ととらえるべきでしょう。
変化は新しい世界への窓を開いてくれるのですから。

 

 

人生の旅路には、さまざまな変化が待ち受けています。
しかし、そうした変化の中にこそ、私たちは本当の自分と向き合う機会があるのです。
新しい自分に出会い、学び、成長していくことができるのです。

 

 

変化を恐れず、むしろそれを受け入れ、前を向いて歩んでいくことが大切です。
「人間は、毎日生まれ変わる」
この言葉を胸に刻み、人生の変化を喜び、成長のチャンスととらえましょう。
そうすれば、きっと有意義で豊かな人生が待っているはずです。

 

 

親しみやすい言い回しにすれば、人間は固定されたものではありません。
毎日、少しずつ、内面で変化しているのです。
大切なことは、その変化を楽しみ、前を向いて歩み続けることです。

 

 

変化を恐れず、受け入れる。
そうすれば、新しい自分に出会えるでしょう。
変化の中に、成長する自分との対話があり、本当の自分と向き合う機会があるのです。
つねに変わり続ける覚悟を持ち、新しいことにチャレンジし続ける。
そこから得られる気づきこそが、豊かで意義深い人生への鍵となるはずです。

 

 

人生には試練もありますが、変化を喜び、新しい自分と出会い続けることで、乗り越えていくことができるのです。
変わらないという選択は、成長の機会を逃すことにもなりかねません。
でも、変化を楽しみ、前を向いて進めば、きっと有意義な人生が待っているはずです。

 

 

変化は、時に不安を伴うかもしれません。
しかし、それを乗り越えることで、人は成長できるのです。
毎日少しずつ、でも確実に変わり続けることで、新しい気づきが生まれ、人生がより豊かになっていきます。

 


変化を恐れず、むしろ喜んで受け入れる。
そうすれば、本当の自分に出会え、実りの多い人生を歩めるはずです。