人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

思考の隙間を作ってやらないと、新たな思考は降りてこない

スポンサーリンク

おはようございます。

山崎です。

 

 

 

私事ですが先週の日曜日から競馬をやめています。

 

もともと自分の家にペット?として馬(ポニー)がいたので、馬に対する親近感があったのか?

 

多分競馬にのめり込んだのは、当時ファミコンで人気ソフトだったダービースタリオンに出会ったからじゃないかな。

 

あれめちゃくちゃハマりましたから。

 

とにかく20歳頃から競馬をずっとしてました。

ちゃんと就職してからは、たぶんほとんど毎週土日は休まず馬券を買ってたんじゃないかな。

 

ある意味自分の生活の一部だったんだと思います。

 

20歳の頃から50歳になるまで、当然いい事もあれば絶望に打ちひしがれた事もありました。

 

それでも競馬は続けていました。

 

お金がない時も100円一点のみでも買ったりしてました。

 

JRAだけでは飽き足らず地方競馬にまで手を出したり…

 

多分中毒でした。

 

ルーティン化されていたので、週末になると馬券を買うのが当たり前、競馬中継を観戦するのが当たり前になってました。

 

仕事があろうが馬券を買う…隙あらばラジオNIKKEIに耳を傾ける。。

 

ちょっといかれてますね。

 

まるで両津勘吉のようでした。

 

週末は何があろうが、どんなイベントがあろうが競馬を中止するという考えに至りませんでした。

 

競馬は必ず行うってこと。

 

JRAの関係者の方からすると、僕って神みたいな存在だったんだと思います。

 

 

週末は思考が競馬に支配されてたんですね…無意識のうちに。

 

(月)~(金)は仕事、土曜は仕事と競馬のダブルヘッダー、日曜は競馬。

 

それを30年近く続けてきてたんです。

 

飽きもせず。。。

 

そこで自分がコンサルティングを依頼した薮田氏から、本当の意味でリセットできる何にも考えない休日を作るように言われました。

 

いまの自分の状態はバケツに水が溜まりきって溢れているような状況。

 

それだと新しいものなんか入ってこないって言うこと…

 

バケツの水をひっくり返してからにしないと、新しいものは入ってこないって言われました。

 

なるほどなぁと思ったので、早速そのようにすることにしました。

 

それが先週末のことです。

 

 

スポンサーリンク
 

 

ずっと、ずっと以前から一緒に馬券を買ってる友人がいます。

 

仲良くさせて頂いてます。

 

その友だちに馬券を買うのをやめるって言うのがちょっと申し訳ないっていうか、裏切ったような感じがしてたんですが…自分自身変わりたいって言うか、ここで変わらなければどこで変われるの?

 

って言う思いがあったので、自分のワガママかもしれませんがそのようにさせて頂きました。

 

競馬をする事をやめた朝、お腹空いたなぁなんてぼーっと思ってたらなぜかわかんないんだけど毎日の食事のことを考え出しました。

 

僕は毎朝セブンイレブンに朝食と昼食を買ってから職場に向かってます。

 

まぁそれ自体はいいんだけど、コンビニで買う物って弁当だけじゃないんですよね。

 

雑誌コーナーの見学会って言うオプショナルツアーに必ず参加してしまうんですよ!

 

そこでつい買っちゃうんですよね…本を雑誌を。

 

で、そこで満足してほとんど読まない。

 

また、タチが悪いのがいずれ読むって思って捨てられない。

 

最悪ですよね。部屋は散らかるし、無駄な散財。

 

コンビニ行かなきゃ雑誌なんか買わないんだけどなぁ。

 

 

・・・・・

 

 

 

ん?まてよ!コンビニに行かなきゃ無駄遣いしないよね。

 

じゃ行かなきゃいいじゃん!

 

しかもコンビニ弁当買ってるけど、毎日似たようなものばっかり買ってる。

 

それって健康にもよくないよね。

 

自分って特にメタボまっしぐら!

 

クスリ屋のくせに全く健康管理ができてない。。

 

だとしたらコンビニ弁当買うメリットって?

 

世の中にはダイエット弁当、減塩弁当などたくさんあるじゃん。

 

それを買えばいいんだよね。

 

通販で機能性弁当を買うなり、弁当を発注して届けてもらったりしたら健康にいいし、お店に行かなきゃ無駄遣いもしない…トータルで考えたら安上がりじゃん!

 

冷凍食品なら日持ちもするしね。

 

これだとコンビニに行く時間も使わず、オプショナルツアーもない。

 

ツアーに参加しないってことは、読まない雑誌も買わなくなる。

 

結局のところ時間の節約、金銭の節約、部屋を散らかすアイテムの減少、健康増進に役立つ。

 

一石二鳥どころでないです。

 

たまたまかもしれませんが、とりあえず競馬をやめてぼーっとしたおかげで、その考えに至りました。

 

冷食を買うとか、弁当の出前を頼むとかありきたりなことかもしれませんが、多分競馬に支配させていた状態だったらそのような考えに至ってなかったと思います。

 

やっぱりバケツの水をひっくり返したから、新しい新鮮な美味しい水を手に入れることが出来たんだと思います。

 

なかなか面白い感覚でした。

 

些細なことかもしれませんが面白いですよ。

 

皆さんもやってみたらどうでしょうか。