人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

コンサルタント受けました

スポンサーリンク

おはようございます。

山崎篤史です。

 

今年になってメンタルがだいぶ戻って来たんだけど、戻ってくるんじゃ・・・結局何にも変わらないって事にだんだん気がついてきて、違う地点に立たないと何の為にメンタルの低下をきたしたのか?

 

いままでのネガティブな考えを変えないといけない。

 

今回のことを起爆剤にしないといけない!

 

当時はとてもそのような思考になれなかったし、もしかしたら今も完全にその思考になっているのかさえもわからない。

 

それでもいままでの自分をどこかで変えないといけない。

いいか悪いかは別として自分のこころに爆発が起きて壊れてしまった。。

 

せっかく心が壊れたのなら、以前より生きやすいそうに、こころのパーツを以前と違うものに新たにバージョンアップするべく組み直さないと勿体無いって思うようになってきました。

 

新しい風景を見ないといけないし、見れるチャンスなんです!

 

でもそれにはもう一発!起爆剤が必要なんです!

 

そこで、起爆剤にするべく今年行うことを決めました!

大きな起爆剤になると確信してます!

変われるようになると思いますし、その考えに至った段階ですでに変わってるんです!

 

前回も言いましてけど・・・

 

もう一度

 

今年のテーマは「無駄遣い!」

 

本当の意味での無駄遣いじゃないですよ。自分の為にお金を、時間を使うってことです。

ここ5年間自分の為にお金を使う事がほとんどなかったです。

他人のためにお金を使うのに抵抗はなかったんですが、自分の為にお金を使う事に、時間を使う事に物凄く後めたい感情を持ってました。

 

でも、せっかく変ろうと決心したんだから!思考を変えるには環境も変えたほうがいい!

 

そう言う事で今年はできるだけ色んなものに手を出せたらいいなぁって思ってます。

 

その第一弾として「コンサルタント」をしてもらう事にしました。

 

メンタルが低下する前の自分だったら正直なところそのような考えにはなってなかったと思います。

何となく生きていったんだと思います。いわゆる思考停止の状態でした。

 

先日第一回目の授業を受けさせていただきました。

(正確に言うと現在2回目も受講しました)

 

授業はSkypeで行なったんですけど、どんな話をしたかって・・・

それは教えることができませんって言ったら身も蓋もありませんね。

 

内容に関してどこまで書いていいのか先生に確認とってないので詳しい事はかけませんし、仮に内容をここで公開してもどれだけの方々が自分と同じ考えになるのかわかりません。

 

授業の内容はコンサルなのでそのノウハウを教えてもらってるんでしょうけど、自分にとっては生きるための、これからの人生をより良く生きていくためのマインドを教えてもらってる感じがしてます。

 

極端な話、人生の教科書を開いて勉強させていただいてる感覚です。

 

伝わるかなぁ。。。

ノウハウを教えてもらってるんだから・・・それを習得しないといけないんだろうけど、自分の中ではそんなことよりも大切なことを教わっているような気がします。

ノウハウはその副産物でしょうか。

 

これって言葉で表現するのってすごく難しいです。お伝えしたくてしょうがないんですけど・・・書いていて伝わらないなぁって思います。

どうしたら伝わるのか?

 

文章のみで、自分の感情を皆さんへお伝えすることが出来るスキルを現在残念ながら持ち合わせていません。

なのでいま、自分の気持ちを伝えたくて堪らないのと、伝えることができてないもどかしさの両方を感じています。

 

本当は会って会話をするのが一番いいんだと思います。直接だと五感をフルに使って会話を行うことができます。

 

直接会って話をするなら視覚・聴覚・触覚・味覚・臭覚を使って会話ができる。人間の感覚全体を使って会話をすることが出来る。

 

音声のやりとりだと、どうしても聴覚に頼ってしまう。それが文章だと視覚のみ。

視覚からと言っても文字の羅列なだけ。そこでイメージをしないといけない。書き手はイメージをさせるようにしないといけない。

 

文章だけだと伝えるのって難しいですね。だから楽しいのかもしれませんけど。。。

 

 

その先生とはSkypeなので音声でやり取りさせていただきました。話の内容は先生には失礼かもしれませんが、僕は最大級の賛辞として言わせてもらいます。

 

 

スポンサーリンク
 

 

「たいしたことない話」だったと。

 

たいした事のない、他愛もない話の中に「生きていく上で重要なこと」が語られているんです。それに気づくことが出来るかどうかだけ。

 

逆に言ったらスキルだけ手に入れてもそれを使いこなす事は無理なんです。

 

「仏作って魂入れず」

 

まさにこの状態になってしまう。

 

話をした事は雑談+ノウハウの話です。

でも自分は今回の話の中で生きていく上での啓示を受けている感覚がありました。

 

先生が言っていた言葉

 

「答えは自分の中にある」

 

最初これが理解できてなかったんですが、彼と話をしていて「山崎さん、なるほどって言ってくれますね」って言われたんです。

彼からそう言われて、そこで気がつきました。

 

答は自分の中にあるってことが。。。

 

自分の中に答えがあるから「なるほど」って言えるんです。

考えにも及んでなかったらなるほどって言ってなかったんです。

 

なるほどって言ったことに意味があります。なるほどっていう事は本来わかっていたはずなのに「忘れていた」って事です。

 

忘れてなければ「そうですね」「その通りですね」っていいますから。

 

僕は会話のなかでずっとなるほどねって言っていたみたいです。無意識ですけど。。

 

彼は会話の中で忘れていたことを思い出させてくれたんです。

 

みなさんも会話の中でハッとすることってないですか?

もし、そのようなことがあればしめたものです!

 

「ハッとする=こころに刺さった」ってことですからね。

 

感性に訴える話を聞くことができたら、それは忘れない方がいいです!

絶対にこれからの人生に役に立つはずです!

 

理屈じゃないんです!

どこかで必ず自分を助けてくれます!

 

答えは自分の中にあるってことを教えてもらっただけで大満足です。

これからは物事を考えるときに答は自分の中にあるって思って行動することができます。

たとえ自分の中の答えに気づくことが出来なかったとしても、自分の中に答えを持っているってわかっただけで、これからの人生を有意義に生きていけます。

 

 

この話ってみなさんにも絶対に当てはまります!

 

みなさん心の中に答えを持っているはずなんです!

 

自分の心に問いかけてみてください。

 

あなた自身がきっと教えてくれるはずです!

 

 

 

何気ない一言の中に人生観がガラッと変わるような「金言」が隠されている場合があります。アンテナは常日頃から磨いてないといけないと。。。

講義を受けていてそんなふうに思いました。