人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

これってマインドフルネスじゃないの?

スポンサーリンク

 

おはようございます。

 

この前女性と会って話をしたってことを書いたんですけど、もうひとつ興味深い話を聞いてたんですよね。ちょっと書き忘れていました。

 

 

 

www.yamasaki1969.com

 


 

その方も以前メンタルに不調をきたしたことがあったそうです。

(この方の場合、刺激がない生活に耐えれずメンタルが落ちたらしいです。。。)

 

何をしたかって言うと「ひとり登山」

 

自分一人で計画を立ててあちこちの山を登っていたそうです。

そのひと曰く、「一歩一歩、足場を確認しながら戦略的に登るのが楽しくて仕方がない」そこに集中することで他のことを忘れることができてリフレッシュできるんだそうです。

 

ん?この話どこかで聞いたことあるぞ! そうだ。これってマインドフルネスじゃない!

躓いたり転んだりするような悪路であれば、一歩一歩に精神を集中しなければならない。体力的にハードな登山なら、余計なことを考える余裕なんかなくなる。まさにマインドフルネス。

 

おひとり様焼肉も大好き。ランチで行くのでなく夕食に一人で行くとテーブルを独り占め出来て、自分の好きなものを好きな量だけ、自分のペースで味わうことができる。めちゃくちゃ幸せなひと時だそうです。

 

これも食べる瞑想ってやつに合致してしまう。本人は全く無自覚で行っているんですけど、これってマインドフルネスです!

 

マインドフルネスって簡単にいうと「”今ここ”にただ集中している心のあり方」のこと。

 

毎日そのような行動をとっているのであれば、強い女性になるのは頷けます。毎日「今日」が楽しいっておっしゃってましたけど、本心から話してるんだと思います。

 

その方がもうひとつ面白いことを言ってました。

「ひとりで楽しめる、熱中することができる趣味を見つける」だそうです。

 

誰かと一緒だと、その人がいなくなったら楽しめなくなってしまう。それって本当の趣味じゃない。そのこと自体が依存じゃないかって。一人で楽しめて、なおかつ仲間ができたら楽しさ2倍じゃないかって。

 

他人に依存しないで自分だけでも楽しめる趣味。。。本当の趣味見つけたいです。。。