人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

濃密な時間を過ごすって どうしたらいいんでしょうか(2)

スポンサーリンク

 

おはようございます。

メンタルが落ちてから、朝早く目が覚めたり、途中何度も起きたりしてます。これって結構辛いものがあります。

 

眠りたくても眠れないってのはキツイなぁと思ってましたけど、どうせ寝れないなら、その時間を有効に使う事にしました。

 

まず始めたことはご先祖を敬うこと。自分の住んでいるところには仏壇のようなものはないんですけど、棚の上に(自分の場合はパソコンラックの上)香炉を置いて、朝晩にお線香を焚き、お茶、ご飯をお供えしてます。これはカウンセラーの方に勧められました。

 

今の自分があるのはご先祖様のおかげであると。

朝、晩お線香を上げるときにご先祖様とちょっとお話ができるので(怪しい人ではありませんよ)心の浄化になりますよ。

 

次に朝ごはんを食べること。おじさんが作る食事なのでたいしたものは作れませんけど、目玉焼きとか味噌汁とか。。

 

なんでもいいと思うんですけどご飯作ると思ったらネットで調べてみたりとかして、これも気分転換になります。

 

それと、マインドフルネス(瞑想)も行う事にしてます。瞑想ってこころの筋トレらしいですよ。筋トレと同じなんで今日行って今日すぐ効果が実感できるかはわからないですけど、筋トレであるならいずれ効果が実感できるはずと思って続けてます。

 

瞑想は時間が空いた時には行うようにしてます。瞑想に関しては初めてまだ2ヶ月ほどしかたってませんが、2ヶ月前より多少なりとも前向きになれてます。当時はとてもご飯を作るとか、ましてブログをこうして書き込むなんて出来ませんでしたから。

 

上記のことってたいしたことないように思いますよね。

 

そうなんです。実はたいしたことないんです。でも、それすら忘れてたんですよね。

毎日ひとらしく生きることがいかに大切であるかということを忘れていました。今回メンタルの低下のおかげで気付く事が出来ました。

 

我々はいかに人らしく生きることを忘れてしまっているんだと、、、まずはそこから改善することが心の、身体の改善につながっていくんだと思います。