人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

濃密な時間を過ごすってどういうものだろう? どうしたらいいんでしょうか?

スポンサーリンク

おはようございます。

 

昨日濃密な時間を過ごさないとダメだって書き込んだんですが、さぁ自分はなにをする事が濃密な時間を過ごしたって話になるのか考えました。

 

自分がこの地に来たのが4年半ほど前、仕事関係以外で友だちがひとりも出来てません。

 

普通50歳になる頃には断捨離じゃないけど、友人も選別した方がいいなんて話もありますけど、、、自分は知らない土地に来て友だちがいません。

 

メンタルが落ちた原因にも通ずる話になるんですが現在孤独感が満載です。

 

酒もタバコもしないので飲み屋さんに行く訳でもないし、休日は殆ど自宅にひとりでぼーっとしてました。

 

これじゃ全く時間の無駄ですよね。まだ会社に行った方がギャラが発生する分マシかもしれません。この状態をずっと続けていました。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 メンタルが落ちているから休むって話もあるけど、自分の場合はメンタル低下のキーワードが「孤独」なので寝込んで動けない状態でなければ積極的になった方が回復に向かうのではと思います。(当然体調と相談しながらですけど)

 

ひとそれぞれ価値観が違います。どう行動すれば濃厚な時間が過ごせるかは十人十色です。映画を観る、読書をする、スポーツをする、スポーツ観戦etc

 

なんでもいいんだと思います。楽しいって、楽しかったって思える事をしましょう。

 

それが自己満足感を上げることになりますし、自己肯定感を高めることに繋がるはずです。自分の人生なんだから、、、他人に笑われたっていいじゃない!

頑張って自分の好きなことしましょう!

 

自分も頑張って何か楽しいことを考えないとですね。

楽しいことができたなら、なにか楽しいことが見つかったら教えてください。

そういう話が聞けるだけで自分も楽しくなれると思いますので。。。