人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

10年ぶりの再会なのに素っ気ない(T-T)

スポンサーリンク

おはようございます。

 

昨日10年ぶりの再会って話を書いたんですけど、、、

 

予定では自分の仕事が土曜日15:00までなので、仕事が終わり次第最寄の駅まで迎えにいく予定にしてます。

 

ですが、、、

 

彼女から当日の予定の連絡がありません!(◎_◎;)

 

新幹線に乗ってくるってことまでは聞いてるんですけど。。。

 

何時に到着するとかはまだ言ってきてません。今どきの若い子って(こういう事いってる時点でオヤジ丸出し)前もって連絡してこないんでしょうか??

何だかんだジェネレーションギャップを感じまくりです。もしかしてだけど当日連絡なのか?それとも。。。

それはいいとして、ふたりで自分の実家に帰ります。車で4時間なんですけどね。

 

 

うちの両親にしたら10年ぶりの再会です。実家で待っている両親はどんな思いなんでしょうか。。。

自分としても予期せぬ別れとなってしまった10年前のことを思いだすと・・・いろいろな思いが交錯します。

自分でさえ考えさせられるのに・・・

うちの両親の心境ってどうなんだろうって・・・

 

うちの親とは当然ながら血の繋がりはありません。でもある意味でそれ以上の繋がりはあったと思います。少なくともウチの親はそう思っていたはずだし、いまもそう思っているんだと思います。

我々も含めてひとの親ならば子供のことが心配になる気持ちは当然です。忘れたくても忘れられない事です。

生意気ながらウチの親の気持ちがわかる気がします。どんな思いで10年間を過ごしてたんだろう・・・どのように自分の気持ちの整理をつけていたんだろう・・・

自分ならどうするんだろう・・・どう向き合うんだろうって・・・

 

話は変わりますが、実家に帰ったらうちの親父に自分のメンタルの事バレるんじゃないかって危惧したりしてます。親って子供の顔を見たら(子供って年じゃないけど)わかるって言いますから。まして親父は教師をしてましてそういうことに長けてます。

バレるくらいならいっそこちらから白状した方が良いのかなって。。。白状したら色々アドバイスがもらえるんじゃないかって期待もあります。その反面心配かけるんじゃないかって思いもあります。

 

言わなくてもバレるんだろうなぁ。

敏腕刑事に取り調べられる犯人って感じです。。。何にも言われなくてもプレッシャーにつぶされて白状してしまいそうです。

 

どうしたもんかなぁ。