人生カウント2.9! -山崎篤史-

プロレスが趣味の五十路突入直前薬剤師、山崎篤史が日々生きていくうえで感じたこと、考えたことを書いてます。果たして五十路に光はあたるのか!

10年ぶりのプレゼント決めました!

スポンサーリンク

おはようございます。いつも暗いこと書いていて、このままでは運気が悪くなるのではないかと思うので楽しみなこと書こうかなと思います。

 

以前10年ぶりにフィリピンの女の子と再会することになったって話を書いたんですけど、せっかくの再会なのでプレゼントを買ったらどうかって親戚に言われて、それもそうだなぁって思って何か買うことにしました。

 

 

 

www.yamasaki1969.com

 

その子と最後に別れたのが彼女が小学6年生の年末なので、随分変わっていることでしょう。プレゼントをあげるにしてもどんな物がいいのか見当もつきません。

 

そこで、うちの職員に同じ歳の女の子がいましたので、お願いして一緒に近所のAEON MALLまで行ってきました。

 

結果…ひとりで行かないでよかったです。おじさんには何が何だかわかりませんでした。一応ジュエリーショップに行ったんですが、どういった基準で値付けがされてるのか?単純に高いのがいいものなのか…まったくわかりませんでした。

 

わからないので、うちの職員の子に連れていかれるがままに、ショップに入りあれはどうだろう、これは高いか?なんて話をしながら結局ネックレスを買うことにしました。

 

 

f:id:dragonsleeper1969:20181206232605j:plain

同じ商品の写真見つかりませんでしたので…こんなかんじの物です。現品あるけど既にラッピングしてるので開けれない…

 

側から見たらいい歳こいたおじさんが横にいる20歳そこそこの子に買ってあげてるって感じがしてないかと…パパ感半端ないんじゃないかってちょっと焦りましたけど、一緒に付き合って貰って助かりました。

 

お礼にいきなりステーキをご馳走してきました。

 

あとはこれを気に入ってくれるかってことだけかなぁ。気に入って貰えると嬉しいなぁ。